この記事の所要時間: 439

水曜ドラマ「東京タラレバ娘」は累計260万部を突破した東村アキコ先生の原作をドラマ化したもので、アラサー女性のリアルを描いています。

第4話が2/8(水)に放送され、視聴率は、11.4%でした。

初回は13.8%、第2話が11.5%、第3話が11.9%、そして今回へと続き、安定した視聴率の高さを誇っています。

第4話では仕事も恋も停滞気味の倫子でしたが、第5話では新しい出会いがありそうです。では、どのように展開していくのか、ネタバレを含めまとめ、個人的な感想をつづってみます。




第5話あらすじ(公式情報まとめ)

ある日、長身でイケメンで性格もいいと、三拍子そろったバーテンダー奥田とスーパーで出会った倫子。そして向こうもこちらに気がありそうな雰囲気。「やっと運命の人に出会えたんじゃ?」と盛り上がるタラレバ娘たち。
「いや、でもこんなうまい話はない。まさか既婚者?」今までの香や小雪の恋を見ててそう思い、勇気を出して聞いてみることに。「奥田さんって独身ですか?」すると、爽やかに「独身ですよ。結婚します?」と言われた。その時点で完全にノックアウトされるのだった。
ついに結婚して、リング上で戦うボクサーではなくセコンドにまわれる!と思った倫子はKEYに「それは逃げだ」と言われてしまう。
一方、倫子が外されたドラマ、「恋するシーズン」の脚本家が倒れ、急遽コンペ形式でピンチヒッターを探すことに。倫子は、奮起して、作品に取り組むことに。

第5話あらすじ ネタバレ 次回予告

「恋するシーズン」の脚本を再び書く機会に倫子は奮起するが、今まで自分が書いてきたものとはあまりにジャンルが違う作品で自信を失ってしまう。それでも、「このピンチをチャンスに変えてやる!」と頑張るのだが、KEYに「いや、あんたらの歳じゃ、そのチャンスがピンチなんだよ。ピンチがチャンスなのは、若いうちだけ。素人じゃないんだから、出来て当たり前。あんたの書いた脚本で視聴率が落ちでもしたら、それこそもう二度と再起できねーぞ。」と言われてしまう。そんな現実的な声に、さらに自信を失う倫子。
そんな中、倫子の弟子であるマミもこっそりとコンペのために「恋するシーズン」の脚本を書いていた。そしてマミの脚本が制作の目にとまり、結局マミがピンチヒッターとなることになった。
「弟子に仕事をとられるなんて。」と落ち込むが、奥田との恋愛に忙しく、まともに書く時間も作れなかった倫子は、KEYに一喝されるも、「仕事は結婚して辞めればいい。好きな人ができたの。」と返す。奥田にも無事告白してもらい、愛を感じながら幸せな生活を送る倫子。「それは逃げだ」と言われ悩みながらも、とりあえず恋を大事にしようと決意する。しかし、やはり奥田も一癖ある男だった。

一方、香も小雪も今の現状を打破するべく、お互いの彼に別れを告げる。しかし、2人とも甘い言葉でほだされてしまい、結局は丸め込まれてしまう。

第5の個人的な感想(ネタバレふくむ)

「この歳になるとチャンスがピンチ。」
なんて恐ろしい言葉でしょう。原作でこのセリフが出てきた時は倒れそうになりました。そんな、前向きに進んでこうと頑張ってる相手に言わなくても。。(笑)でも、おそらくそれが真実でしょう。若いとか新人だからって許された時とは違い、相手からの要求もどんどん高くなっていく。普通に仕事をこなすだけじゃ、誰も褒めてくれません。だから、ある程度歳を重ねると、チャンスがピンチなんです。それでも、やるしかないんですよね。だから倫子には結婚に逃げず、踏ん張ってほしいです。せっかく好きなことを仕事にできたんだから。結局、仕事の鬱憤は仕事で晴らさなきゃ消えないと思います。もしかしたらこのセリフは、キツすぎるのでドラマではカットになるかもしれませんね。でも、ズンときた言葉なので是非いれてほしいです。
そして、奥田役が誰になるのか気になっていたのですが、速水もこみちさんだとは盲点でした!でも原作のイケメンで優しくてマッチョというイメージにぴったりですね!バーテンダーの格好も似合いそうです。しかし、原作では奥田は映画好きすぎて、映画に出てくるヒロインの髪型を真似しろと強要したりしてきます。実際ドラマではどのように描かれるのでしょうか?やはり、どんなに好きでもいろんな面でしっくりくる男がいいと願ってしまうのは、贅沢な悩みなのでしょうか。。




まとめ

いかがでしたでしょうか?
5話のあらすじ予想と感想でした。速水もこみちさん演じる奥田がドラマではどのように描かれるのか、とても気になりますね。そして、私が印象的だった「チャンスがピンチ」というセリフは出てくるのでしょうか。
漫画が原作のものはがっかりさせられることが多々あるのですが、今作に限ってはキャスティングが素晴らしく、原作ファンである筆者も、違和感なく楽しめているので、そこらへんも高視聴率キープの要因といえそうです。
リアルすぎて怖いけど先が気になる「東京タラレバ娘」。5話も必見です!

タラレバ娘 5話のリアル感想

2/15日公開予定